教育内容

学習目標:上級学校への進学を目指します!

コースについて:進学コース

4月入学生…修業期間2年0月
10月入学生…修業期間1年6月

本学の各コースは、4月(又は10月)に始まり、翌々年3月に終わる。
2 前項の期間を分けて、次の学期とする。
4月入学生
(1)第1学期 初年度4月1日から9月30日まで
(2)第2学期 初年度10月1日から3月31日まで
(3)第3学期 次年度4月1日から9月30日まで
(4)第4学期 次年度10月1日から3月31日まで

10月入学生
(1)第1学期 初年度10月1日から3月31日まで
(2)第2学期 初年度4月1日から9月30日まで
(3)第3学期 次年度10月1日から3月31日まで

長期休暇
(1)夏休み 2018.7.23 〜 2018.8.17
(2)秋休み 2018.9.25 〜 2018.10.12
(3)冬休み 2018.12.26 〜 2019.1.4
(4)春休み 2019.3.14 〜 2019.4.5

 

教材について

初級 ー ニューシステムによる日本語

TRY!日本語能力試験

どんどんつながる漢字練習帳

中級 ー TRY!日本語能力試験

オリジナル漢字練習教材

上級 ー オリジナル教材

JLPT、EJU対策教材、他

*テキストは、学習の都合上、変更することがあります。

 

相模国際学院では自分で学習をする力をつけてほしいと願っています。
日本語は独特の文字体系をもっているため、学習すべき項目が多く学校で勉強するだけでは、進学をする学生には時間が足りません。特に非漢字圏の学生にとって読み書きを身につけるためには、自分で予習・復習をしていかなければなりません。そのため、当校では自分で予習、復習ができる教材を採用しています。

文法
ニューシステムの日本語(初級前半)
動詞活用一括導入-日本語の動詞はさまざまに変化します。この変化のさせ方(活用)を身につけていくことが初級学習の大きなポイントになります。この教科書では、学習者にとって難しいとされる動詞活用を暗記することによって学習初期に終えてしまうことができます。それにより、教室の中でも自然な日本語のコミュニケーションが可能になります。
また、動詞の活用を自由自在にできることは、その後の日本語学習をするにあたって大変有利だと考えられます。

TRY! N5~N1 シリーズ (初級後半~)
・ JLPTに直結 - JLPTのレベルに合わせて編集されているため、JLPTに即した内容を学習することができます。練習問題もJLPTと同じ形式が採用されているため、実践的な練習が可能です。
・ ミニマムな文法 - 項目必要なことを絞り込んだミニマムな文法項目のため、繰り返し復習することができます。
・ 自習しやすい - 必要最低限の文法説明がついているため、コンパクトに予習、復習することができます。また、巻末には学習者にも見やすい、文型索引、似ている文型リストが掲載されているため、わからないこと、確認したいときに大変便利です。
・ どうやって使うかがわかる - 見本文を読むことで実際のコミュニケーションの中でどのよう使われているかがわかります。
漢字
どんどんつながる漢字練習帳Ⅰ(初級前半)
ストーリーで覚える漢字300(一部のみ)(初級後半)
ストーリーで覚える漢字500(中級前半)
日本語総まとめN2 漢字(中級後半)
非漢字圏の学習者にとって、漢字の習得は容易なものではありません。単純な暗記はつまらなく記憶の保持も望めません。そこで、教室ではどうやって覚えるか、漢字の意味は何かということを意識しながら学習します。また、そのような教室活動を助けてくれる教材を採用しています。