日本語学校 相模国際学院

感染症対策

Ⅰ.予防

感染症対策
 感染症を引き起こさないように、以下を行う。
・手洗いの励行
・オリエンテーションで衛生について説明する
・年に一回X線検査を行う

Ⅱ.発生時(感染症の疑いのある人がいた場合)

・病院へ連絡し、該当の感染症に応じた対応を確認する。
・学院・学生の対応を学院長・事務長・主任により話し合い、学院長が決定する。
(学院で行うことが適当でない場合は、オンライン・電話・LINEなどを使用する)
・決定事項はLINEを通じて、教員・事務員・学生に周知する。
(決定した内容はGoogleドライブ上の引継書に記録する)。

Ⅲ.コロナの場合

1.予防
〇 1日1回、机、ドアノブ、窓の取手、電気スイッチを消毒する
〇 各自マスクを必ずする
〇 教室に入る前に体温を計る
〇 手・指を消毒する
〇 換気を行う

2.発生時
〇 コロナに感染した疑いの人がいた場合、保健所に連絡し指示に従う。
〇 該当者は2週間、学院へ登校禁止とする。その後は保健所の指示に従う。
〇 学院全体で感染症発生の情報を共有する(スタッフLINE・引継書)
〇 学院・学生の対応を学院長・事務長・主任により話し合い、学院長が決定する。
〇 決定事項はLINEを通じて、教員・事務員・学生に周知する(引継書に記録する)。
〇 教員が感染した場合は①オンラインレッスン②代行③課題のいずれかにより対応する。
〇 学生が感染した場合は公欠扱いとし、電話・LINEで連絡をとり、体調を確認する。
〇 保健所・病院の指示に従い、感染症が収まったと確認できた場合、対応を終わりとする。

日本滞在者むけコース

家族ビザや就労ビザで滞在の方に、
日本語の会話を中心に 週一回から 日本語を学びます。



ブログ

当学院の日常をお届けします。

本学院の自己評価について

一般財団法人日本語教育振興協会の評価基準に基づいた自己評価を公開いたします。

課程修了者の⽇本語能⼒習得状況について