日本語学校 相模国際学院

学院長挨拶

学院長:三輪春樹

筑波大学博士課程満期退学 / 国士舘大学名誉教授

前学院長・顧問:三輪範子

東京大学修士
私は長年の間、大学で教育・研究に従事してきましたが、2020年3月に定年を迎えました。そして4月からはこの相模国際学院の学院長として、留学生の皆さんへの日本語教育に当たることになりました。これまでも大学で多くの留学生の皆さんを指導して来ましたが、これからは大学などへの進学をめざす皆さんを応援することになります。
日本は昔から外国人材を様々な形で受け入れてきましたが、グローバル化時代を迎え、さらに積極的な受け入れを進めようとしています。世界を見渡しても、国境をこえた人々の交流がますます深まってきています。

お互いのきずなを強め、友好を深めるためには、お互いの言葉や文化を理解し、生活を知ることがたいせつです。相模国際学院は留学生のみなさんがよりよい環境で日本語を学び、地域社会の一員として安心して暮らせるよう応援します。


そして本学院が多文化共生社会の担い手となれるよう努めていきたいと考えています。

 本学院は、2017年4月に開校した新しい学校です。経験豊かな先生や若手の元気あふれる先生など教員の層もあつく、学生もアジアを中心にひろく各国から集まっています。
2019 年3月には初めての卒業生をおくりだしました。本学院で学んだ留学生が日本で、あるいは母国で、活躍してくれる日も近いものと期待しています。

みなさんも相模国際学院でいっしょに学びましょう。

学院長 三輪春樹

日本滞在者むけコース

家族ビザや就労ビザで滞在の方に、
日本語の会話を中心に 週一回から 日本語を学びます。



ブログ

当学院の日常をお届けします。

本学院の自己評価について

一般財団法人日本語教育振興協会の評価基準に基づいた自己評価を公開いたします。